日本人のためのリジンゴールド

アイドラッグストアー

皆様、昨今、様々な角度から大注目を浴びているアミノ酸系成分のリジンをご存知でしょうか?まだ、リジンについて、理解されている方は少ないかと思います。そのリジンについてわかりやすく解説させていただきます。是非、最後までご購読いただき、リジンとリジンサプリメントの素晴らしさをご実感ください。

リジンとは?

人間の体を生成するたんぱく質は、20種類ものアミノ酸からできております。
リジンとは、必須アミノ酸の1つで、ここ最近、育毛サプリメントとして薄毛に悩む多くの人々にご愛用いただいている成分です。
医薬成分ではないため、安心してご利用いただけることができます。

リジンには、多種多様な健康効果が期待でき、以前は、健康サプリメントとしてご利用いただいておりました。
ところが、最近の研究の結果、リジンには、頭皮環境を整える効果があることが発見されました。
それに着目したイギリスのバイオサイエンティフィック社は、リジンの摂取が脱毛症などの治療に有効であることを証明し、米国で特許を取得しております。(Use of L-lysine in the treatment of hair loss. US 6136860 A)。

育毛剤などで使用される医薬成分のミノキシジルをリジンと一緒に使用することで、育毛効果を増大させることも証明しております。
また、集中力を高めたり、疲労回復、肝機能強化など様々な効果が期待できる成分としても認知度が高まっており、いま大注目の成分と言っても過言ではないでしょう。

リジンサプリメントについて

世界的にも、多くのユーザーに認知されるようになった「リジン」サプリメントは、以前から、日本国内でも個人輸入を中心に、 外国製品が流通していました。

しかし、必ずしも日本人が求めるレベルの サプリメントと言えない物が多いようです。

例えば、錠剤が「巨大」で飲みにくい。生産国が あいまいで、安価だけど、内容成分に問題ないの? 日にちを置くと、錠剤が劣化し、砕けてしまうけど、 製品的に問題ないの? といったような、声を多く聞きます。

そこで、「日本製で、日本人に適した、 飲みやすく、安心で安全」なリジンの製品化が 実現出来ないか。
更に、頭皮の状態を、 健康に保つ事が出来ないか。
この課題に取り組んだ結果、リジンGOLDシリーズが誕生したのです。

Lリジンは亜鉛と一緒に服用すると、より良いと言われており、 そのため、Lリジンと亜鉛の両方を含んだサプリメントも販売されています。

また、Lリジンはミノキシジルと併用する方がとても多いサプリメントとも言われております。 より効率的に結果を求めたい方たちにとって、Lリジンゴールドは素晴らしいサプリメントなのです。

L-リジンゴールド 亜鉛含有タイプ 400粒入り

L-リジンゴールド 亜鉛含有タイプ
※画像クリックで正規販売店へ移動します。

リジンサプリメントの代名詞と言えば、「L-リジンゴールド 亜鉛含有タイプ」でしょう。品質にこだわった日本製のリジンサプリメントです。

このサプリの特徴は、リジンと亜鉛が含有されている点です。

亜鉛は、育毛をサポートする成分として有名ですが、この亜鉛とリジンが同時に摂取できる最高のサプリメントです。

リジン1日分1000mgと亜鉛1日分12mgを無理なくかんたんに摂ることができ、 亜鉛とリジンを別々のサプリで摂る場合と比べてはるかに優れたコストパフォーマンスを発揮するサプリメントです。

L-リジンゴールド+ビオチン 400粒入り

L-リジンゴールド ビオチン含有タイプ
※画像クリックで正規販売店へ移動します。

上記のサプリメントはリジンに亜鉛が含有されておりましたが、こちらはリジンにビオチンが含有されたサプリメントです。

ビオチンとは、数あるビタミンの中の1つで、ビタミンB群に所属する水溶性のビタミンです。

ビオチンは体内で、脂肪酸代謝に関連するプロピオニルCoAカルボキシラーゼやアセチルCoAカルボキシラーゼ、糖代謝に関連するピルビン酸カルボキシラーゼ アミノ酸の代謝に関連する3-メチルクロトノイルCoAカルボキシラーゼの補助として、エネルギーを生成するヘルパー的な役割を担っております。

育毛サポートや皮膚の粘膜の維持をサポートしているビタミンで、育毛効果が期待できる成分です。

L-リジンゴールド+ソーパルメット 400粒入り

L-リジンゴールド ノコギリヤシ含有タイプ
※画像クリックで正規販売店へ移動します。

リジンにソーパルメット(ノコギリヤシ)が含有されたサプリメントです。

ソーパルメット(ノコギリヤシ)は最近は、CMなどでも見る成分ですよね。 ソーパルメット(ノコギリヤシ)はアメリカで育つヤシ科の植物でハーブの一種で、 ヨーロッパやアメリカの40代以降の男性に大変人気のある成分です。

ソーパルメット(ノコギリヤシ)の特徴としては、男性ホルモンの抑制をサポートすると言われております。 男性ホルモンは、最近増加しているAGA、髪の脱毛症状「男性型脱毛症」に深く関連しておりソーパルメット(ノコギリヤシ)が 「薄毛を改善する」と注目されているのです。

このサプリメントには、厳選された最高級ソーパルメット(ノコギリヤシ)が使用されております。

リジンゴールドプレミアムシャンプープロ

リジンゴールドプレミアムシャンプープロ
※画像クリックで正規販売店へ移動します。

リジンに業界で、最も熱い注目を集めている話題の成分「キャピキシル」が配合された育毛シャンプーです。

キャピキシルとは、アカツメクサ花エキス(植物エキス)とアセチルテトラペプチド-3(成長因子)という成分で構成されており、 人工的にカナダの化粧品メーカーが開発成分です。ミノキシジルの3倍の効果があるとも言われ、育毛を促す効果と抜け毛を抑制する効果があるとされております。

このシャンプーはリジンとキャピキシルが含有された日本初の育毛シャンプーです。

リジンゴールドとは?

上記のサプリメントやシャンプーはリジンを中心に、リジン以外の成分を効率よく取れないか? ということをコンセプトに開発されたサプリメントです。

リジンゴールドシリーズなら、リジンを一定量摂取しつつ、亜鉛、ビオチン、ソーパルメット または、直接毛穴に届けるシャンプーなど、組み合わせは、無限大です。

リジンゴールドは、コストパフォーマンスも 重視します。無駄のない「飲み合わせ」について、考え抜かれた設計になっているのも、 リジンゴールドシリーズの最大の価値であり、 魅力です。

厳格な生産工程で、確かな品質を保障する ISO9001の要求事項を満し、日健栄協GMP認定工場(国内少数か所のみ)の最新の設備で生産される L-リジンゴールドは、生産後のチェックにもこだわります。

抜き打ちで、製品を国内の食品衛生分析センター (第三者機関)に持ち込み、厳正な分析をかけます。 製品のレベルが確かな物か、常に確認し、 鑑定書を取得するところまで、製品クオリティの追求を欠かしません。

ハイグレードなリジンゴールドは、 他とは比較にならないハイパフォーマンスサプリメントの地位を確立しています。

リジンの効果と育毛

髪の主成分であるケラチンという物質はいくつかのアミノ酸から構成されるたんぱく質の一種です。 このケラチンを構成するのに必須アミノ酸であるLリジンは欠かせない成分なのです。

リジンと育毛効果の関係については、上記で述べたように最近では、AGA治療において、認知度が高くなっております。 しかしながら、業界でリジンが重要視されているのはどちらかというと、その物単体ではなく、育毛剤などに含まれる「ミノキシジル」という成分を助けるという点です。 したがって、リジン単体でなく、ミノキシジルを含む医薬品との併用が好ましいと言われています。 特に今、多くの育毛ユーザーから注目、支持されているのが、 「ミノキシジルとの相性」に関する研究結果です。

イギリスのロンドンにある バイオサイエンティフィック社では、男女にリジンの摂取が 育毛に効果的であることを証明し、米国で特許を取得しています。(Use of L-lysine in the treatment of hair loss. US 6136860 A)

研究報告によると、育毛剤に含まれる成分ミノキシジル、抗アンドロゲン、 5α還元酵素阻害剤との併用により、育毛効果が増大できる事をあげております。

では「ミノキシジルを助ける」というのは一体どういうことなのでしょう? それはつまり「吸収率」に働きかけるということなのです。 リジンは、毛髪サポート製品に含まれる、主成分たちの働きを助ける補助的な役割を持つと言えます。

リジンとノコギリヤシ

一説では薄毛男性のおよそ9割がAGA(男性型脱毛症)だと言われています。 ノコギリヤシ(ソーパルメット)には薄毛改善効果があると言われていますが、それはどのようなものなのでしょうか。

AGAには5αリダクターゼと呼ばれる酵素の働きが大きく関係します。 5αリダクターゼはテストステロンという男性ホルモンと結びつきジヒドロテストステロン(以下DHT)という強力な男性ホルモンを生成します。 DHTには皮脂を過剰に分泌させて毛穴を塞ぎ、頭皮の脱毛を促進させる働きがあります。

5αリダクターゼもテストステロンも元々体内にあるものですから、どんどんとDHTが生成され、増えたDHTによって脱毛が起こるという悪循環は放っておくと延々と続きます。 この脱毛メカニズムの根幹にある5αリダクターゼの活動を抑制できるのがノコギリヤシです。

ノコギリヤシというのは北米南東部に生えるヤシ科の植物の一種で、昔から現地のネイティブアメリカン達に薬草として重宝されてきました。 「インディアンにハゲはいない」というキャッチフレーズもここから生じたものです。

実際、ノコギリヤシを常用していたネイティブアメリカンの頭皮には5αリダクターゼがほとんど見られなかったとの研究結果があるようです。

ノコギリヤシの果実にはβシトステロールやオレイン酸といった5αリダクターゼの活動を抑制する有効成分が含まれています。 これらの有効成分が5αリダクターゼの活動を抑制しDHTの生成をも阻害するため、無駄な脱毛が制限され、薄毛の改善へとつながるのです。

これによく似た効果を持つ医薬品があります。薄毛治療薬のプロペシア(フィンペシア)です。

プロペシアは元々男性ホルモンに作用するため前立腺肥大の治療薬として開発されていたのですが、その過程で発毛効果が確認されたことからAGA治療薬として調整されて生まれました。

プロペシアに含まれるフィナステリドという成分にはDHTの生成を抑制する効果があります。 医薬品においてもノコギリヤシと同様の作用が注目されているとおり、5αリダクターゼやDHTの働きを抑制するというのはAGAの治療においてとても重要なことなのです。

またノコギリヤシのヘキサン抽出物には炎症性物質LTB4を抑制する抗炎症作用作用もあり、毛根の慢性炎症を鎮め脱毛症を予防する働きがあると考えられています。 ノコギリヤシが育毛業界においてしばしば話題にあがるのはこれだけの働きがあるとされているからなのです。

リジンとお酒

「酒は百薬の長」などと言われてますがそれは適量であることが前提の話です。 飲んでいるうちに楽しくなってきてついつい飲み過ぎてしまったなんてことを多くの人が経験していると思います。 そしてお酒というのは飲み過ぎると髪の毛が抜ける原因になるなどと言われています。

お酒の適量というのはビールだとロング缶1本(500ml)くらい、日本酒だと1合(180ml)くらいなんて言われています。 缶ビールを2本飲んだらもう飲み過ぎなのでそこそこ厳しい基準と言って良いのではないでしょうか。

しかし成人男性となると仕事の付き合いや友人との食事などでお酒を飲む機会も少なくないと思います。 「酒を飲んだら毛が抜ける!」なんて理由で職場の飲み会を断ることも難しいですよね。

そもそも何故お酒の飲み過ぎが抜け毛に繋がるのかと言いますと、アルコールを分解するために肝臓でアミノ酸が消費されるためだと言われています。 アミノ酸は髪の毛を構成するのにとても重要な成分なので、それがお酒の分解に大量に使われてしまうと髪の毛に必要な分がまわっていかないということですね。

しかし髪の毛に必要なアミノ酸が足りなくなるというのであれば、お酒を飲んだ後に少しアミノ酸を多めに取ることでリカバリできます。

特に体内で作ることのできない必須アミノ酸である「Lリジン」は普通に過ごしていても体内で不足しがちなのでサプリメントで摂取することをお勧めしています。 薄毛が気になるけどお酒を飲まなければならないという時はリジンを飲んでみてはいかがでしょうか。

リジンが含まれる食べ物

Lリジンの摂取はサプリメントの利用が一般的ですが、食品から摂取することもできます。

Lリジンを多く含む食品は、乳製品(特にチーズ)、大豆製品(特に湯葉・きな粉・納豆)、あずき、落花生、アーモンド、ごま、かつおぶし、しらす干し、 マグロ、カツオ、たらこなどです。

この中ではかつおぶしに含まれている量が圧倒的に多く、100g中6,700mgも含まれています。

リジンの摂取量

リジンの1日当たりの摂取量のは、日本人の体だと1000mgが最適と言われております。

いつ飲めばいいの?これも凄く気になりますよね?

リジンだけでなく一般的なサプリメントにも当てはまりますが、胃腸の働きが活発になる「食後」がいいと言われております。 可能であれば、1回にすべて飲むのではなく、朝昼晩の3回、食後に飲んだ方が吸収効率が良いでしょう。

まとめ

リジンは、私たちが生活するうえで必須のアミノ酸であり、多くの人々の悩みをサポートする成分です。 特に、薄毛でお悩みの方には、必須の成分です。食品から摂取するのもよし、サプリメントから手軽に摂取するのもよし、 毎日、楽しい生活を送る手助けをする成分と言っても過言ではないでしょう。

日本製リジンサプリメント「L-リジンゴールド」は正規販売店であるアイドラッグストアー様でご購入いただけます。