ホーム > リジンでお酒の脱毛効果を抑えることができる?

リジンでお酒の脱毛効果を抑えることができる?

育毛・発毛 よくあるQ&A


「酒は百薬の長」などと言われてますがそれは適量であることが前提の話です。
飲んでいるうちに楽しくなってきてついつい飲み過ぎてしまったなんてことを多くの人が経験していると思います。
そしてお酒というのは飲み過ぎると髪の毛が抜ける原因になるなどと言われています。

お酒の適量というのはビールだとロング缶1本(500ml)くらい、日本酒だと1合(180ml)くらいなんて言われています。
缶ビールを2本飲んだらもう飲み過ぎなのでそこそこ厳しい基準と言って良いのではないでしょうか。

しかし成人男性となると仕事の付き合いや友人との食事などでお酒を飲む機会も少なくないと思います。
「酒を飲んだら毛が抜ける!」なんて理由で職場の飲み会を断ることも難しいですよね。

そもそも何故お酒の飲み過ぎが抜け毛に繋がるのかと言いますと、アルコールを分解するために肝臓でアミノ酸が消費されるためだと言われています。
アミノ酸は髪の毛を構成するのにとても重要な成分なので、それがお酒の分解に大量に使われてしまうと髪の毛に必要な分がまわっていかないということですね。

しかし髪の毛に必要なアミノ酸が足りなくなるというのであれば、お酒を飲んだ後に少しアミノ酸を多めに取ることでリカバリできます。

特に体内で作ることのできない必須アミノ酸である「Lリジン」は普通に過ごしていても体内で不足しがちなのでサプリメントで摂取することをお勧めしています。
薄毛が気になるけどお酒を飲まなければならないという時はリジンを飲んでみてはいかがでしょうか。


▲ページ上部へ戻る