ホーム > ノコギリヤシの薄毛改善効果とは?

ノコギリヤシの薄毛改善効果とは?

育毛・発毛 よくあるQ&A


一説では薄毛男性のおよそ9割がAGA(男性型脱毛症)だと言われています。
ノコギリヤシ(ソーパルメット)には薄毛改善効果があると言われていますが、それはどのようなものなのでしょうか。

AGAには5αリダクターゼと呼ばれる酵素の働きが大きく関係します。
5αリダクターゼはテストステロンという男性ホルモンと結びつきジヒドロテストステロン(以下DHT)という強力な男性ホルモンを生成します。
DHTには皮脂を過剰に分泌させて毛穴を塞ぎ、頭皮の脱毛を促進させる働きがあります。
5αリダクターゼもテストステロンも元々体内にあるものですから、どんどんとDHTが生成され、増えたDHTによって脱毛が起こるという悪循環は放っておくと延々と続きます。
この脱毛メカニズムの根幹にある5αリダクターゼの活動を抑制できるのがノコギリヤシです。

ノコギリヤシというのは北米南東部に生えるヤシ科の植物の一種で、昔から現地のネイティブアメリカン達に薬草として重宝されてきました。
「インディアンにハゲはいない」というキャッチフレーズもここから生じたものです。
実際、ノコギリヤシを常用していたネイティブアメリカンの頭皮には5αリダクターゼがほとんど見られなかったとの研究結果があるようです。
ノコギリヤシの果実にはβシトステロールやオレイン酸といった5αリダクターゼの活動を抑制する有効成分が含まれています。
これらの有効成分が5αリダクターゼの活動を抑制しDHTの生成をも阻害するため、無駄な脱毛が制限され、薄毛の改善へとつながるのです。
これによく似た効果を持つ医薬品があります。薄毛治療薬のプロペシア(フィンペシア)です。
プロペシアは元々男性ホルモンに作用するため前立腺肥大の治療薬として開発されていたのですが、その過程で発毛効果が確認されたことからAGA治療薬として調整されて生まれました。
プロペシアに含まれるフィナステリドという成分にはDHTの生成を抑制する効果があります。
医薬品においてもノコギリヤシと同様の作用が注目されているとおり、5αリダクターゼやDHTの働きを抑制するというのはAGAの治療においてとても重要なことなのです。

またノコギリヤシのヘキサン抽出物には炎症性物質LTB4を抑制する抗炎症作用作用もあり、毛根の慢性炎症を鎮め脱毛症を予防する働きがあると考えられています。

ノコギリヤシが育毛業界においてしばしば話題にあがるのはこれだけの働きがあるとされているからなのです。


▲ページ上部へ戻る